人気ブログランキング |
タグ:クロスプロセス ( 23 ) タグの人気記事
クロスプロセス、いろいろ
ポジフィルム(リバーサルフィルム)を
カラーネガと同じ方法で現像処理すると、
コントラストがあがり、
粒子感が強まり、
フィルムのベースカラーによって
色転びを引き起こします。

これがクロスプロセス。
ドラマチックな写真になるため
人気の高い手法です。

通常よりも、
トンネル効果という
画像隅の光量低下も目立つようになりますね。

この夏休みに撮影した
ポジフィルムを
クロスプロセス現像。
その上がりを昨日受け取ってきました。


クロスプロセスというと、
ロモグラフィーで人気。
LOMO LC-Aなどを使うのが定番ですが、
この夏は、
LOMO LC-Wide、
CONTAX T2、
NATURA CLASSICAの
3つのコンパクトカメラで
クロスプロセスを行いました。

それぞれ描写は異なりますし、
得意分野もそれぞれだなって
思いました。


まずはLOMO LC-Wide。
超広角レンズ搭載。
やはりトンネル効果が際立ちます。
そして多重露光で
像を重ねられるのも強み。
ロモグラフィーさんで買えます。

f0174201_16413914.jpg

f0174201_16374591.jpg

f0174201_16391173.jpg



続いて高級コンパクト、
CONTAX T2。
カールツァイスのゾナーレンズを
搭載しています。
高品位なレンズで
クロスをやるのもおもしろいです。
中古屋さんで
1万円台から見つかります。

f0174201_16421715.jpg

f0174201_16414089.jpg

f0174201_16425456.jpg



ラストはNATURA CLASSICA。
ズームがついていること、
内蔵ストロボがついていることなどは
とっても便利。
ナチュラというと
ナチュラル風写真が王道ですが、
かなりクロスカメラとしても
楽しめると思います。
上はズーム使用。
中は内蔵ストロボ使用。
最近、生産中止となりましたが、
まだ新品を見つけられます。

f0174201_164611100.jpg

f0174201_16481358.jpg

f0174201_16495491.jpg

f0174201_16573741.jpg



特に夏の景色と
クロスプロセスの相性はいいですよね。

そして、今回フィルムは
Lomography Xpro200を
中心に使いましたが、
フィルムによっては、
真っ赤になったり、
緑が強くなったりと、
色転びの傾向が異なりますし、
補正の強さによっても
色合いは少し変わります。

デジタル加工などとは異なる、
アナログ処理による
クロスプロセスを
ぜひ一度試してみてくださいね。





現像・プリントはポパイカメラへ!
f0174201_13451157.gif 




世界中に広がる写真コミュニティー
f0174201_0354935.jpg 






★Please follow me!★

●ブログ http://snapmag.exblog.jp/
●Twitter https://twitter.com/snap_magazine
●Facebook http://www.facebook.com/snap.suzuki
●Flickr http://www.flickr.com/photos/fumihiko_suzuki/

by snap_magazine | 2012-08-25 16:55 | LOMO LC-Wide
LOMO LC-Wideは「究極の感覚派カメラ」
ロモグラフィーさんから、
5月19日に発売された
LOMO LC-Wide。

すでにみなさんご存知だと思いますが、
17mmの広角レンズを搭載、
通常の36×24mmだけでなく、
スクエアフォーマット、
ハーフフレームも選択可。
MIXスイッチ搭載で
多重露光も行えるという
究極のロモカメラです。

僕は発売翌日に入手し、
2か月以上使ってみました。

思うに、
「究極のロモカメラであると同時に、
究極の感覚派カメラである」と
感じました。



f0174201_2051472.jpg




LOMO LC-A+を評するとき、
よく僕は
あそこまでピンぼけを許容できる
カメラはない、と言います。
0.8m、1.5m、3m、∞、
この4つの距離を選び撮影するわけで、
どうしたってピントがズバリになんて
ならないのです。
だから、許せてしまうし、
描写が雰囲気いっぱいなので、
逆のピンぼけの方が良かったり。

LC-Wideの場合、
広角レンズなのでピントが
合う範囲は広くなっていますが、
0.4〜0.9m、0.9〜∞の
2つだけしか設定できなくなり、
またレンズのF値が暗いので、
LC-A+よりも
スローシャッターになることが多く、
ピンぼけに加えて、
手ぶれという要素も入ってきます。

でも、これがアナログ的でいい!

デジカメはもちろんのこと、
フィルムのカメラであっても、
ピントをしっかり合わせて撮る場合、
ピンぼけは即失敗写真行き。
ですが、ピントが少しずれていても
雰囲気の良い写真なんて、
写真集にだっていっぱい存在しますよね。
特にスナップ写真の場合はそう。
瞬間を切り取る素晴らしさは、
ときにピントの精度を
上回るものだったりします。

また、現像・プリントをすると
気付くのですが、
ファインダーから覗いた風景より
さらに広く写真には写ります。
視野率は約90%くらいとか。
なので、気持ち被写体に寄って
撮るのがコツになりますが、
画角を掴んだのであれば、
被写体に近寄るときは
ノーファインダーで撮る方が
逆にイメージできると思います。

このあたりも
感覚的カメラだなあと
評したくなる要因ですね。


ハーフフレームやスクエアフレームは
もちろんあって良いです。
真四角ならではの雰囲気がありますから。
でも、広角レンズの性能を
全て享受したいなら
通常フォーマットでしょう。
なにせ、大量生産ができないくらい
緻密なレンズらしいのです。
感謝しなければ!


多重露光ができること、
シャッターが閉じる瞬間に
フラッシュが連動する
後幕シンクロなどは
LOMOらしい描写が欲しい時には
強い武器になります。

でもやっぱり、
ロモグラフィーならではの
感覚的部分を大切にするような
スペックの設定が
素晴らしいと思います。
スペックのどの部分を大事にし、
どの部分を犠牲にするか。
それがしっかりとしています。

似た価格帯・大きさのカメラには
富士フイルムのナチュラクラシカがあり、
実際にナチュラを買うか、
LC-WideもしくはLC-A+を買うか
相談を受けることがありますが、
全く発想の根本が異なるカメラだと
思っていただくのが
いいかなって思います。


手ぶれ写真実例。
クロスプロセス、自画撮り。
広角なので自画撮りが楽。
自分大好きな方は必見です(笑)

f0174201_2017949.jpg



ノーファインダーでパチリ。
写真家・平間至さんです。

f0174201_20185044.jpg



後幕シンクロだと、
光の筋を作るのも簡単。

f0174201_20202392.jpg



もちろん、しっかり構えて、
しっかり撮れば美麗な描写をします。

f0174201_20215817.jpg








snap!の本・雑誌

2011年6月10日発売の新刊
「らくらくカメラ大図鑑」(エイ出版社)
500機種以上のトイカメラ・ロモカメラ・
ハーフカメラ・ロシアカメラ・トイデジの図鑑

f0174201_10233199.jpg


amazon「らくらくカメラ大図鑑」 http://www.amazon.co.jp/dp/477791965X




現像・プリントはポパイカメラへ!
f0174201_13451157.gif 




世界中に広がる写真コミュニティー
f0174201_0354935.jpg 





●ブログ http://snapmag.exblog.jp/
●Twitter https://twitter.com/snap_magazine
●Facebook http://www.facebook.com/snap.suzuki
●Flickr http://www.flickr.com/photos/fumihiko_suzuki/

by snap_magazine | 2011-07-26 20:22 | LOMO LC-Wide
スカイツリー
いま、関東地方では
スカイツリーがグングンと
背丈が伸びている最中で、
スカイツリーが良く見える橋が
ちょっとした観光名所になるなど
プチ・スカイツリー・ブームと
なっております。

きっと、一日に数千(数万?)回も
シャッターを切られていることでしょう。

僕は、今回アップした
遠目のスカイツリーが唯一の
スカイツリー写真。
ほとんどスカイツリーかどうかも
判別不能ですね。

東京タワーの建設中写真は、
今ではとっても珍しいものと
なっています。
きっとスカイツリーの
建設中写真も珍しくなるんでしょうね。
完成前を知らない子供とかに
自慢するために撮っておきましょう!

僕ももっと至近距離に行かねば。



CAMERA:LOMO LC-A+
FILM:Lomography X-PRO Slide100
現像:ポパイカメラ


f0174201_1015382.jpg






★フリッカーにて
過去写真の公開を行っています。
ほぼ毎日更新中。
http://www.flickr.com/photos/fumihiko_suzuki/
がアドレスになります。
ドシドシCONTACT追加よろしくです!



現像・プリントは
自由が丘&横浜ワールドポーターズの
ポパイカメラへ!
f0174201_13451157.gif 
 ●フィルム特徴仕上げ
 ●スクエアプリント
 ●クロスプロセス
 ●パノラマプリントetc




●ブログ http://snapmag.exblog.jp/
●Twitter https://twitter.com/snap_magazine
●snap! vol.8 Amazon http://www.amazon.co.jp/dp/4861905400/
●公式サイト http://www.snap-magazine.com/
●Flickr http://www.flickr.com/photos/fumihiko_suzuki/

by snap_magazine | 2010-05-21 10:02 | LOMO LC-A+
謎のキャラが練り歩く
高円寺は、
阿波踊り、寄席、高円寺フェス、
そして大道芸祭が
4大フェス(笑)と言われています。

商店街を歩いていたら、
前から3メートルくらいの
背丈の仮面男が歩いてきました。
すんごくビックリしました。
どうやら大道芸祭だったようです。

ごちゃごちゃな商店街が
ちょっとだけスペイン語圏風の
風景に見えました。


CAMERA:LOMO LC-A+
FILM:Lomography X-PRO Slide100
現像:ポパイカメラ

f0174201_15242977.jpg





★フリッカーにて
過去写真の公開を行っています。
ほぼ毎日更新中。
http://www.flickr.com/photos/fumihiko_suzuki/
がアドレスになります。
ドシドシCONTACT追加よろしくです!



現像・プリントは
自由が丘&横浜ワールドポーターズの
ポパイカメラへ!
f0174201_13451157.gif 
 ●フィルム特徴仕上げ
 ●スクエアプリント
 ●クロスプロセス
 ●パノラマプリントetc




●ブログ http://snapmag.exblog.jp/
●Twitter https://twitter.com/snap_magazine
●snap! vol.8 Amazon http://www.amazon.co.jp/dp/4861905400/
●公式サイト http://www.snap-magazine.com/
●Flickr http://www.flickr.com/photos/fumihiko_suzuki/

by snap_magazine | 2010-05-15 15:24 | LOMO LC-A+
熊と対峙する
熊は、かわいい、怖い、
いろんなイメージが
あります。

でも、真っ正面から見ると、
情けない、という
ことに気が付きました。

かなり暗いシチュエーション
での撮影でしたが、
さすがはLOMO LC-A、
しっかりと写して
くれました。
暗いところで撮れるのは
本当に便利ですね。

CAMERA:LOMO LC-A+
FILM:Lomography X-PRO Slide100
現像:ポパイカメラ


f0174201_14175287.jpg




★フリッカーにて
過去写真の公開を行っています。
ほぼ毎日更新中。
http://www.flickr.com/photos/fumihiko_suzuki/
がアドレスになります。
ドシドシCONTACT追加よろしくです!



現像・プリントは
自由が丘&横浜ワールドポーターズの
ポパイカメラへ!
f0174201_13451157.gif 
 ●フィルム特徴仕上げ
 ●スクエアプリント
 ●クロスプロセス
 ●パノラマプリントetc




●ブログ http://snapmag.exblog.jp/
●Twitter https://twitter.com/snap_magazine
●snap! vol.8 Amazon http://www.amazon.co.jp/dp/4861905400/
●公式サイト http://www.snap-magazine.com/
●Flickr http://www.flickr.com/photos/fumihiko_suzuki/

by snap_magazine | 2010-05-14 14:18 | LOMO LC-A+
本当に今年の春の
お天気はおかしいです。
雪、雨、風。
どれもイヤですね。

風の強い日に
バタバタとやかましかった
ビル工事現場の防音シート。
防音シートのせいで、
このあたりは
騒音被害です。


CAMERA:LOMO LC-A
フィルム:Kodak E100VS(だったはず、クロス)


f0174201_1823288.jpg



●ブログ http://snapmag.exblog.jp/
●Twitter https://twitter.com/snap_magazine
●snap! vol.8 Amazon http://www.amazon.co.jp/dp/4861905400/
●公式サイト http://www.snap-magazine.com/
by snap_magazine | 2010-04-19 18:23 | LOMO LC-A
ジャパニーズ花見2 花に飽きた人たち
昨年、城南島海浜公園という
飛行機が真上を飛ぶ
東京湾にある公園で
バーベキューをしました。

最初は飛行機に興奮するのですが、
次第に反応するのが面倒になり、
最後は「うるさい!」と
言い出しました。

花見もこれと一緒で、
最初は感動しますが、
最後の方は
花を見ている
純粋な人なんて
ちっともいないのでは
ないでしょうか。

花見ににぎわう
新宿御苑、
閉園間近の時間の風景。

CAMERA:LOMO LC-A
FILM:AGFA PRESCISA(クロスプロセス)


仲良しおばちゃん、
2ショットで
延々身の上話。

f0174201_10195857.jpg


飽きた子供たち、
木登りで嬌声。

f0174201_10221125.jpg


飲んだし、寝る。

f0174201_1021133.jpg



●ブログ http://snapmag.exblog.jp/
●Twitter https://twitter.com/snap_magazine
●snap! vol.8 Amazon http://www.amazon.co.jp/dp/4861905400/
●公式サイト http://www.snap-magazine.com/
by snap_magazine | 2010-04-13 10:21 | LOMO LC-A
ジャパニーズ花見
外国の方からみると、
日本の花見の
熱狂ぶりは
かなり奇異に映るようです。

僕自身、
違和感があったのですが、
仕事でたまたま
花見まっさかりの
千鳥ヶ淵・靖国神社を
通過する機会があり、
あまりの迫力に、
素直に凄いと思いました。

何がすごいって、
千鳥ヶ淵の桜の
立派さはもちろんですが、
靖国神社に出る
屋台のゴージャスさったら!
もう立派なお店に
なっているものも多く、
居酒屋真っ青の
メニューを出すところも
多かったです。

これは立派な
日本の伝統文化ですね。
舐めていました。


CAMERA:LOMO LC-A
FILM:AGFA PRESCISA(クロスプロセス)



f0174201_1144883.jpg


f0174201_11443965.jpg


f0174201_11445033.jpg



●ブログ http://snapmag.exblog.jp/
●Twitter https://twitter.com/snap_magazine
●snap! vol.8 Amazon http://www.amazon.co.jp/dp/4861905400/
●公式サイト http://www.snap-magazine.com/
by snap_magazine | 2010-04-12 11:45 | LOMO LC-A
水族館グラフィティー
JRのガード下のグラフィティー。
配管、雑草が
魚の目の部分にちょうどあって
なんだかユニークでした。

今日から三連休。
関東地方は中日は雨のようですが、
気温は上がるようで、
いよいよ写真には最高の
季節がやって来ましたね。

寒さにめげずに撮りましたが、
金属製カメラが冷やっとするのなんの。
今年の冬は、
指の部分のみ丸出しの
穴あき手袋のおかげで
快適な写真生活が送れました。


Camera:LOMO LC-A
Film:Kodak E100VS(クロスプロセス現像)


f0174201_13633100.jpg


f0174201_1364628.jpg



●ブログ http://snapmag.exblog.jp/
●Twitter https://twitter.com/snap_magazine
●snap! vol.8 Amazon http://www.amazon.co.jp/dp/4861905400/
●公式サイト http://www.snap-magazine.com/
by snap_magazine | 2010-03-20 01:37 | LOMO LC-A
補修・廃棄
仕事場からどこに行くにも
通過しないといけない
環状七号線。

よく大きな道路は
擬人化されて「大動脈」などと
比喩されることがありますが、
物流として機能していることはもちろん、
文字通り機能不全に陥った箇所を
補修していたり、
廃棄物を集積して運んだり、
血管内と同じようなことが
行われているなって思いました。

世の中の構図は結局は生物がお手本で、
生物の緻密で合理的な構造は
すごいものだなって思いました。

工事をがんばる方々が
善玉菌みたいな存在であるなら、
写真好きの我々は眼球の細胞ですね。


廃棄物収集。

f0174201_11141580.jpg


補修作業。

f0174201_1114297.jpg


大動脈の向こうに見えるビル群は、
重要な機能を持った臓器でしょうか。

f0174201_11173968.jpg



●ブログ http://snapmag.exblog.jp/
●Twitter https://twitter.com/snap_magazine
●snap! vol.8 Amazon http://www.amazon.co.jp/dp/4861905400/
●公式サイト http://www.snap-magazine.com/
by snap_magazine | 2010-02-19 11:17 | LOMO LC-A