「ほっ」と。キャンペーン
タグ:ロモグラフィー ( 52 ) タグの人気記事
ロモグラフィー旗艦店で9月14日〜17日までビッグセール開催
ロモグラフィーさんで
9月14日〜17日までの4日間、
大規模なセールが開催されます。
なんと最大70%オフ!
お出かけの際は、
渋谷・原宿間の
ロモグラフィー旗艦店に
立ち寄ってみていはいかがでしょう。

http://www.lomography.jp/magazine/events/2012/09/11/big-sale-2012

たぶん、これは勝手な想像ですが、
9月14日〜17日は
「シルバーウィーク」ということで、
アナログカメラ=銀塩カメラ=
ゼラチンシルバー=シルバーウィーク
ということなのかなと。

長い間、気になっていたけれど
買いそびれている商品がある人、
これからフィルムにトライしたい人は、
この機会にぜひ。

f0174201_213625100.jpg



ちなみに、
僕が買いそびれている
ロモグラフィー商品といえば、
こちらのLa Sardina。
ロモさんのカメラは
全種コンプしていたつもりですが
(カラバリなどは除きます)、
実は1台も持っていなかったりして。

f0174201_21393196.jpg





現像・プリントはポパイカメラへ!
f0174201_13451157.gif 




世界中に広がる写真コミュニティー
f0174201_0354935.jpg 






★Please follow me!★

●ブログ http://snapmag.exblog.jp/
●Twitter https://twitter.com/snap_magazine
●Facebook http://www.facebook.com/snap.suzuki
●Flickr http://www.flickr.com/photos/fumihiko_suzuki/

by snap_magazine | 2012-09-13 21:40 | インフォメーション
7月22日、お手伝い参加したポパイカメラ撮影会で撮ったLC-Wide写真
7月22日(日)、
ポパイカメラさんの撮影会に
お手伝い参加してまいりました。

この二週間前には
雑誌「写ガール」の
イベント潜入連載にて
お邪魔させていただきました。
こんなハイペースで参加したにも関わらず、
おもしろいのなんの。
撮影会は毎回楽しみが微妙に違うもので
常に新しい発見があるものなんだなと
感じた次第です。

今回は、みなとみらいから
水上バスで山下公園まで行き、
中華街でご飯を食べつつ
徒歩でみなとみらいに戻るというルート。
水上バスの中、
山下公園&マリンタワー、
中華街でのランチ、
氷川丸周辺、
大桟橋など海沿いの遊歩道と、
横浜の名所をたっぷりと
見ることができるナイスルートでした。

僕は撮影会のお供である
LOMO LC-Wideで参戦。
Lomography XPro Slide200のクロスプロセス、
Kodak ULTRA MAX400の2本で撮りました。


ここで少し私的な感想を。

今回は、ランチタイムに
真っ昼間のお酒を飲みつつ、
どのようなお仕事をされているか、
という突っ込んだことまでお話しできたことが
個人的には印象に残っています。

ポパカメの撮影会って、
定員が少ないんです。
マックスで12人。
このくらいの人数ですと、
みなさんのしっかりお話しができて、
撮影会修了時には
みんなが友だちになっています。
意外と人見知りの僕も、
必ず皆さんと友だちになっています。
年齢に関係なく
自然とあだ名で呼び合えているのも
すごいことだなって思います。

そして、写真を仕事にする人間として、
出会った方々を裏切らないような
仕事をしなければなって、
良い意味で刺激や覚悟を
いただける場でもあったりするのです。
あ、でも平気で仕事失敗するんで、
その際はあまり怒らないで下さい(笑)。


やっぱり今回も、
普段では撮れない、
楽しい写真が数多く撮影できました!

参加者のみなさま、
ポパイカメラのみなさま、
どうもありがとうございました!


まずはリポDで乾杯してスタート!

f0174201_9392837.jpg



LC-Wide地面置きショット。

f0174201_9561560.jpg



今回は男性多め。
希少な女性陣のショット。

f0174201_9411072.jpg



鏡を見るとやっちゃいますよね。

f0174201_942571.jpg



サングラスに写る参加者のみなさん。

f0174201_9425396.jpg



廻るテーブルの中華!

f0174201_9444991.jpg



気さくな中華街の肉まん屋さん。

f0174201_9545262.jpg



ちえ店長、ケータイが見あたらず大わらわ。
と思ったらバッグに入っていたときの図。

f0174201_9454924.jpg



笑いながら人を撃つ殺し屋風で
シャボン玉を吹く、というお芝居中。

f0174201_9481667.jpg



せんむの、素晴らしい丸さ、
素晴らしい質感のお腹を
素晴らしいアングルで。

f0174201_9484799.jpg









現像・プリントはポパイカメラへ!
f0174201_13451157.gif 




世界中に広がる写真コミュニティー
f0174201_0354935.jpg 






★Please follow me!★

●ブログ http://snapmag.exblog.jp/
●Twitter https://twitter.com/snap_magazine
●Facebook http://www.facebook.com/snap.suzuki
●Flickr http://www.flickr.com/photos/fumihiko_suzuki/

by snap_magazine | 2012-07-24 09:56 | LOMO LC-Wide
Solaris110フィルム×PENTAX auto110 その2 SFシリーズ
さて、いよいよ
ロモさんのオンラインショップにて
新110白黒フィルムの
「Lomography Orca 110 B&W Film」が
入荷したようです。
http://japan.shop.lomography.com/lomography-orca-110-bandw-film

この110復活に
すんごく個人的に
盛り上がっている僕。
棚の奥にあった110カメラに
未使用の110フィルムが
入っているのを見つけたため、
ここ数日また持ち歩いています。

フィルムの価格や
現像・プリント代は
35mmとほぼ一緒ということで
別段110だから気軽、
というわけではないですが、
なにせカメラが小さいですから、
散歩写真がより
のどかになるなと思ってます。

そして、
画質が良い訳じゃないですし、
意図したボケも作れないので、
逆にテーマやらが重要になる気がします。
特定部分を目立たせることもできないですし、
発色も良くないので
ポイントカラーに頼ることもできません。
余計なことができないことの良さ。

これが良い例かは
はなはだ疑問ですが、
僕も自然に何か設定を作っていたらしく、
あがりを見たら、
低予算風SF的シチュエーションばかりを
撮っていました(笑)。
中判とかでは
決して撮らない気が(笑)。
やっぱりカメラ種で
撮るものは変わりますね。


f0174201_21273074.jpg


f0174201_21274394.jpg


f0174201_21275997.jpg








現像・プリントはポパイカメラへ!
f0174201_13451157.gif 




世界中に広がる写真コミュニティー
f0174201_0354935.jpg 






★Please follow me!★

●ブログ http://snapmag.exblog.jp/
●Twitter https://twitter.com/snap_magazine
●Facebook http://www.facebook.com/snap.suzuki
●Flickr http://www.flickr.com/photos/fumihiko_suzuki/

by snap_magazine | 2012-05-28 21:29 | 110
Solaris110フィルム×PENTAX auto110
白黒の110フィルムが
ロモグラフィーから
復活リリースされることになり、
先週はフィルム好きの間で
大盛り上がりとなりましたね!

「Lomography Orca 110 B&W Film」。
http://japan.shop.lomography.com/lomography-orca-110-bandw-film

僕は110フィルムを
記念的に1本だけ
とっておいたのですが、
ロモさんから発売されるのならと、
PENTAXの110フィルム一眼レフ
auto110に入れて
久々に使ってみました。

こちらがauto110に入れた
ソラリスの110フィルム。
Instagramからの転載。
粗い画像ですみません。

f0174201_21581230.jpg



久しぶりのauto110は、
とても軽快で楽しかったです。
なにせ小さい!
そしてピントを合わせて
シャッターを切るだけ。
これまた粗いiPhone画像で
恐縮です。

f0174201_222212.jpg



110フィルムは
現像ができても
プリントができない
DPE店などもあります。
僕はおなじみポパイカメラさんで
現像・プリントをお願いしました。

その上がりがこちら。
ハーフカメラも
フィルム面積が通常の半分のため
粒子感を楽しめましたが、
110の粒子感ったら、
もうかわいさ爆発です。


ネコちゃん。

f0174201_2262658.jpg



高円寺の路地。

f0174201_227977.jpg



ポートレートも雰囲気が出ます。
ポパイカメラのちえ店長。

f0174201_22305965.jpg


iPhoneアプリの
CAMERAtanなどの作者
モロコシマン君です。

f0174201_2229563.jpg



粗いのでわかりづらいですが、
案外ボケも楽しめます。
F2.8のレンズが付いています。

f0174201_2210962.jpg



しっかり写るカメラとは異なる、
のんびりゆったりさと
レトロな描写が魅力の110。
とにかく早く
Orca 110 B&W Filmを
使ってみたいです!




現像・プリントはポパイカメラへ!
f0174201_13451157.gif 




世界中に広がる写真コミュニティー
f0174201_0354935.jpg 






★Please follow me!★

●ブログ http://snapmag.exblog.jp/
●Twitter https://twitter.com/snap_magazine
●Facebook http://www.facebook.com/snap.suzuki
●Flickr http://www.flickr.com/photos/fumihiko_suzuki/

by snap_magazine | 2012-05-24 22:34 | 110
ロモグラフィーから、110フィルムが復活リリースです!
製造中止から約3年。
白黒の110フィルムが
ロモグラフィーから
復活リリースされました。

その名も
「Lomography Orca 110 B&W Film」。
http://japan.shop.lomography.com/lomography-orca-110-bandw-film

f0174201_2019875.jpg




ここ数年、
製造中止、価格改定という
暗いことばかりのフィルム界にあり、
久々の嬉しいニュースとなりました。

110フィルムは、
フィルムがカートリッジに入った
一方通行のフィルム。
とてもフィルムサイズが小さいため
カメラ本体も小さくすることができ、
ポケットサイズのカメラや
手のひらサイズの110トイカメラも
たくさん作られてきました。

もう使えないと思っていた
110カメラが
これでまた使えますね!



これを記念して、
110カメラの紹介を少々。

ペンタックスの一眼レフ110
「AUTO110」です。
レンズ交換もちろんオーケー!

f0174201_2010984.jpg



オレンジのシャッターボタンが
とってもかわいい
AGFAMATIC 3000です。

f0174201_20104517.jpg



ローライからも
110は出ていたのです!
ROLLEI A110。

f0174201_20113346.jpg



そして気になる写りはこんなです。
なにせフィルムサイズが小さいので、
粒子感たっぷりの描写。
これがノスタルジックで良いのです!

※注
新フィルムではなく、
昔の110カラーフィルムで撮影したものです。

PENTAX AUTO110で撮影。

f0174201_2014896.jpg



ROLLEI A110で撮影。

f0174201_2015020.jpg



往年のフィルムカメラを復刻したり、
フィルムカメラの新たな可能性を追求した
新機種を開発し続けるロモグラフィー。
まさか110フィルムまで復刻させるとは。
感謝感激です!
カラー110フィルムにも期待。
そして110カメラにも期待です!

※追記
フィルムの裏紙が
昔の110フィルムのようにないため、
使い方にコツがいるそう。
機種とのマッチングは
追って情報収集しないとですね!
http://www.lomography.jp/magazine/tipster/2012/05/16/59-17-lomography-orca-110-pocket-film-diy-film-counter







現像・プリントはポパイカメラへ!
f0174201_13451157.gif 




世界中に広がる写真コミュニティー
f0174201_0354935.jpg 






★Please follow me!★

●ブログ http://snapmag.exblog.jp/
●Twitter https://twitter.com/snap_magazine
●Facebook http://www.facebook.com/snap.suzuki
●Flickr http://www.flickr.com/photos/fumihiko_suzuki/

by snap_magazine | 2012-05-16 20:20 | インフォメーション
2008年、Lomography World Congress Londonの思い出
いま、古い写真を整理していました。
そうしたら、snap!の創刊号の特集、
Lomography World Congress Londonの
取材写真がどっさりと出てきました。

ロモグラフィーは、
当時世界各国で大がかりな
イベントを行っていました。
当時はまだユーザー数や
ロモショップの数が今ほど
多くはなかったので
このような交流会が
実現できていたのだと思います。

僕は最後のワールドコングレスである
ロンドン大会に行きました。

日本で言うところの
雷門のような存在である
トラファルガースクエアに
巨大にロモウォールが出現したり、
ロンドン中でワークショップが開催されたり、
それはもうお祭り騒ぎでした。

世界中にこんなに仲間がいるんだと
心からビックリしましたし、
とても誇らしい気持ちになりました。

今や定番のDiana+は、
このコングレスで初お目見え。
参加者にはゴールドの
限定モデルが配布され、
皆で初シューティングをしました。

こちらがWCL限定モデル。

f0174201_23261382.jpg



Diana+を手にした
世界各国のロモグラファーが
思い思いに撮影したのが
思い出されます。

f0174201_23275321.jpg



トラファルガースクエアには
巨大のロモウォールが出現。

f0174201_23291336.jpg



ワークショップは凄まじい数開催され、
僕もいくつかカタコトの英語で
参加してみました。

f0174201_23301666.jpg



で、僕のDiana+の
ファーストロールファーストカット。
単に道を撮っただけです(笑)

f0174201_2331181.jpg



もちろんLOMO LC-Aも
持って行っていました。
一番のお気に入りがこれ。
小さなかわいいロモグラファー。

f0174201_2332192.jpg



またこのような
大きなイベントが開催されたら
いいなって思っています。









現像・プリントはポパイカメラへ!
f0174201_13451157.gif 




世界中に広がる写真コミュニティー
f0174201_0354935.jpg 






★Please follow me!★

●ブログ http://snapmag.exblog.jp/
●Twitter https://twitter.com/snap_magazine
●Facebook http://www.facebook.com/snap.suzuki
●Flickr http://www.flickr.com/photos/fumihiko_suzuki/

by snap_magazine | 2012-04-23 23:32 | Lomography
人気のカメラ「La Sardina」も往年の名カメラの復刻
アナログカメラを手掛ける
ロモグラフィー。
最近、数々のカラーバリーションが
発売されている「La Sardina」が、
実はLOMO LC-AやDianaなどと一緒で
過去の名カメラの復刻モデルだと
今日知りました…。
情けない。
本日、ロモグラフィーギャラリーストアに
お邪魔して別件の取材をしていたのですが、
その際に聞き、
「知らなかったのですか?」と
つっこまれました…。

元となったカメラは
「Kandor candid」という
1940年代のカメラ。
数あるLa Sardinaの中で、
「La Sardina Splendour」という
シルバーボディの機種が、
この「Kandor candid」の
完全復刻モデルだそう。

f0174201_21254851.jpg



以下、プレスリリースから。

「中でも1940年代に
オイルサーディン缶を模して作られた
Kandor candidというカメラが、
私たちの心を鷲掴みにしてきました。
完成されたエレガントなルックス、
ハンマー模様仕上げのファインダー、
本当に魚のオイル漬けが中に
入っているのではと錯覚して
しまうような佇まいでした。
既に製造を中止した素敵なデザインや
機能のカメラを現世に蘇らせるのが
ロモグラフィーの試みの一つでもあります。
今回の新商品はKandor candidの復刻版に
新たに強力なFritz The Blitzフラッシュを搭載しました。」


正直、復刻モデルだと知り、
僕はがぜんLa Sardinaに
興味を持ちました。

狙って作られたものではなく、
長いカメラの歴史の中で
偶然に生み出された名機に
グッとくるのは
僕だけではないと思います。

ちなみにLOMO LC-A+は
1980年代のロシア製コンパクト復刻版、
Diana F+は、
香港で製造されアメリカで人気だった
1960年代のプラカメラの復刻版。

こんな大事な情報を
完全に見逃していたとは
かなりの酷いことだなあと。
「Kandor candid」で
画像検索してみると、
「La Sardina Splendour」の
元祖が見られると思います。

ちなみに、こんなカラフルモデルも出ています。
楽しいですね。

f0174201_2132321.jpg






現像・プリントはポパイカメラへ!
f0174201_13451157.gif 




世界中に広がる写真コミュニティー
f0174201_0354935.jpg 






★Please follow me!★

●ブログ http://snapmag.exblog.jp/
●Twitter https://twitter.com/snap_magazine
●Facebook http://www.facebook.com/snap.suzuki
●Flickr http://www.flickr.com/photos/fumihiko_suzuki/

by snap_magazine | 2012-04-16 21:36 | Lomography
雑誌「自転車日和」にて連載スタートします
1月31日に発売される
辰巳出版「自転車日和」にて、
連載「自転車シャシン日和」が
スタートします。

サイクリングは楽しい。
でも、目的地を目指すだけではもったいない。
せっかくならばカメラを持っていき、
思い出を写真にして残してみてはどうだろう。
そして、アートに撮れるカメラを使えば、
より一層思い出が美しくなる!

とうのが企画の軸。

第1回目は、
神田川の源流・井の頭公園から、
神田川の終着点、
隅田川との合流地点である両国までを、
ホルガ120を持って
サイクリングしてきました。

この企画をやってみた
率直な感想は、
「東京都の山手線の円の中は小さい!」
というものでした。

仕事場がある高円寺から
吉祥寺にまず向かい、
そこから高田馬場までが
とっても長く感じましたが、
早稲田、江戸川橋、飯田橋、
水道橋、お茶の水、秋葉原、
浅草橋、両国は、
1つのスポットを超えると
即次のスポットが視認できるくらいで、
あっという間のできごとでした。

僕は時間があれば東京を
練り歩いていますし、
仕事のついでに
電車に乗らず歩くことも多いです。
でも、この撮影の間だけでも
新たな発見がたくさんあり、
まだまだ東京を知らないなあと
痛感しました。

でも、距離的には大したこと
ないんですよねえ。
ここがすごく不思議。
東京の「密度」は
やっぱりすごいんですね。

そうそう、何で神田川かというと、
東京を縦断してるイメージが強くて、
初回には手頃かなと。
実際に東京縦断でしたし、
距離も25キロほどと
自転車ビギナーの
僕でもバッチリでした。

1月31日の発売日は
ぜひチラッと見ていただけると
うれしいです。

紙面掲載ショット以外の
ホルガ撮影写真を数点。
フィルムはすべて
ロモグラフィー800です。


早稲田〜江戸川橋付近の胸突坂。
超ノスタルジックな階段でした。
うう、もっと上手く撮れなかったものでしょうか…。

f0174201_15565088.jpg



神田川の源流である
井の頭池。

f0174201_1557254.jpg



マイ自転車。
有名な面影橋の上です。

f0174201_15581384.jpg



今週末より
少し出張に出ますので、
更新は数日後となります。
元々毎日更新ではありませんが!





現像・プリントはポパイカメラへ!
f0174201_13451157.gif 




世界中に広がる写真コミュニティー
f0174201_0354935.jpg 






★Please follow me!★

●ブログ http://snapmag.exblog.jp/
●Twitter https://twitter.com/snap_magazine
●Facebook http://www.facebook.com/snap.suzuki
●Flickr http://www.flickr.com/photos/fumihiko_suzuki/

by snap_magazine | 2012-01-27 15:58 | インフォメーション
Lomokino、ファーストロール
35mmフィルムを使い、
動画が撮影できる
注目のカメラ「Lomokino」。
発売後、凄まじい反響ですが、
やっと僕も使いました!
サイトは以下。
http://microsites.lomography.jp/lomokino/

f0174201_0113562.jpg



おもしろいです!
ただし、写真を撮るのとは
全く違う脳みそ使います。

1枚こっきりではなく、
動きをしっかりと
組み立てないといけないわけで。

普通に遊んだりしているところを
撮ってもいいのでしょうが、
僕は仕事で撮って欲しいと
依頼を受けたあと、
構想を練りました。
絵コンテ風のものも書きました。
撮影前には、
動きをリハしました
(超いい加減なリハでしたが)。

フィルムの装填は
ちょっと難しいかもしれません。
そして、ファインダーはありますが、
覗いて撮るとぎこちなくなるので、
画角を把握して、
ノーファインダーが良いと思います。

36枚撮りの35mmフィルムで
144フレーム撮れますが、
回転速度が早いと
案外すぐに終わりますし、
遅すぎると、
動画の繋がりが
途切れがちになりますね。

被写体が止まっていると、
似たような絵が続いてしまうので、
回転は速く、
そして被写体か撮影者も動くのが
いいのかなって思いました。

そして、今回一番失敗したと思ったのが、
被写体との距離感。
ちょっと寄りすぎかも、
と思うくらいで
ちょうど良い気がします。
今回撮影したぶんは、
全部遠かったです。


記念すべきLomokino1作目は
「逃げ水」というタイトル(笑)
超へっぽこです。
そして、まだ動画加工はしてないです。
某雑誌で少し使われるかもしれないので、
あまり写真掲載できないのが
見せたがりの僕としては残念。

この淡い雰囲気は
思い出を撮るには最高!


Camera:Lomokino
Film:Lomography800


f0174201_0363551.jpg






現像・プリントはポパイカメラへ!
f0174201_13451157.gif 




世界中に広がる写真コミュニティー
f0174201_0354935.jpg 






★Please follow me!★

●ブログ http://snapmag.exblog.jp/
●Twitter https://twitter.com/snap_magazine
●Facebook http://www.facebook.com/snap.suzuki
●Flickr http://www.flickr.com/photos/fumihiko_suzuki/

by snap_magazine | 2012-01-11 00:39
Dianaオリジナルクローン、Diana De Luxe Camera
ロモグラフィーさんから
発売されている6×6カメラ
Diana F+は、
元々1960年代に
香港で製造され、
アメリカを中心に
大人気となったカメラ
Dianaの復刻版。

オリジナルDianaは
仕組みが簡単だったため、
数々のOEMクローンモデルが
発売されることとなり、
それは「Dianaクローン」と呼ばれ
熱心なファンがいます。

このDianaは、
中古カメラ店などでは
取り扱っておらず、
僕は過去に
大阪の雑貨店で見つけて
購入しました。

その時に購入したのは、
Debonairというクローンと、
Diana De Luxe Cameraの2つ。
後者はシャッターが
壊れているのを承知で買いまして、
お世話になっている
写真家の方に「直してください」と
渡していたのですが、
それが昨日戻ってきて、
試写を早速しました。


これが現在のDiana F+。
レンズの銀色のパーツが
取れてますね…。

f0174201_13254535.jpg



こちらが
このブログでも
何度か取り上げている
DianaクローンのDebonair。

f0174201_1326318.jpg



そして今回が今日の主役、
Dianaクローンの
Diana De Luxe Cameraです!

f0174201_1327921.jpg



Debonairと比べると、
銀色ボディのため
少し高級カメラ風。
文字版の金色、
露出計受光窓を真似した
飾りパーツも
ゴージャス感を演出しています。
さすが「De Luxe」です。

ピントは目測式、
シャッター速度は
1/50固定(バルブなし)、
絞りは3段階切替式。
フィルム巻き上げは
赤窓を見ながら行います。

これが飾りというのがいいですね。

f0174201_13312266.jpg



フィルム送りは赤窓を見ながら。
光漏れ対策のため
テープで普段はふさぎます。

f0174201_1332856.jpg



さてさて、肝心の写りは
相当におもしろいです!
ふわっふわです。
ハイライトの滲みが
とってもかわいいです。

紅葉写真みたいに
渋くなりがちな
シチュエーションにも
とても向いています。
フィルムはポートラ400。

f0174201_13343934.jpg


f0174201_13355668.jpg



昨日は他にも
かなりクラシカルな
中判カメラなどを
持っていたのですが、
サクサクと撮れるDianaは
とても使っていて楽しかったです。
天気の良い日の
散歩の相方には
Dianaシリーズなどは
すごくいいものだなと
改めて思った次第です。




snap!の本・雑誌

2011年6月10日発売の新刊
「らくらくカメラ大図鑑」(エイ出版社)
500機種以上のトイカメラ・ロモカメラ・
ハーフカメラ・ロシアカメラ・トイデジの図鑑

f0174201_10233199.jpg


amazon「らくらくカメラ大図鑑」 http://www.amazon.co.jp/dp/477791965X




現像・プリントはポパイカメラへ!
f0174201_13451157.gif 




世界中に広がる写真コミュニティー
f0174201_0354935.jpg 





●ブログ http://snapmag.exblog.jp/
●Twitter https://twitter.com/snap_magazine
●Facebook http://www.facebook.com/snap.suzuki
●Flickr http://www.flickr.com/photos/fumihiko_suzuki/

by snap_magazine | 2011-12-05 13:50 | Diana+