<   2012年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧
やさしいフィルム写真の教科書(仮)、取材続行中
玄光社ムック
「やさしいフィルム写真の教科書(仮)」、
鋭意制作中であります。

僕は、本当に
フィルム写真が好きになって
良かったなあと
日々噛みしめています。

もちろん、
この本はフィルムの
あらゆる楽しさを伝え、
フィルム販売促進に
繋げることが目的のもの。

裏を返せば、
このようなものを
販売しなければならないほどの
状況になってしまっていると
言えるかもしれないですが、
取材を進めれば進めるほど、
フィルム写真の楽しさが深まり、
こんなに素晴らしいものが
無くなるわけはないと
確信めいたものを得ています。

いえ、だからといって、
安心をしているわけではないです。
一度魅力に触れれば伝わるのは
間違いないなあとは思っていますが、
そこにハードルがあるのも
重々承知しているからです。

いまフィルム写真をやっている方は、
さまざまなハードルを乗り越えて
フィルム写真を選んだ人たち。
みんなで盛り上げていきたいですね!


前にも書きましたが、
「やさしいフィルム写真の教科書(仮)」では、
取材対象者様を
645中判カメラで
撮らせていただくのを
決まり事としております。

山口県宇部市の
山本写真機店の山本陽介君。
プリントに対するこだわりったら!
首からはライカが。
FUJI GA645Zi、イルフォードXP2。

f0174201_19141651.jpg




ロモグラフィージャパン代表の北川さん。
楽しいアナログカメラを
これからも期待しています!
手にしているのは
おなじみLOMO LC-A+。
FUJI GA645Zi、イルフォードXP2。

f0174201_19154693.jpg






現像・プリントはポパイカメラへ!
f0174201_13451157.gif 




世界中に広がる写真コミュニティー
f0174201_0354935.jpg 






★Please follow me!★

●ブログ http://snapmag.exblog.jp/
●Twitter https://twitter.com/snap_magazine
●Facebook http://www.facebook.com/snap.suzuki
●Flickr http://www.flickr.com/photos/fumihiko_suzuki/

by snap_magazine | 2012-04-27 19:19 | やさしいフィルム写真の教科書
2008年、Lomography World Congress Londonの思い出
いま、古い写真を整理していました。
そうしたら、snap!の創刊号の特集、
Lomography World Congress Londonの
取材写真がどっさりと出てきました。

ロモグラフィーは、
当時世界各国で大がかりな
イベントを行っていました。
当時はまだユーザー数や
ロモショップの数が今ほど
多くはなかったので
このような交流会が
実現できていたのだと思います。

僕は最後のワールドコングレスである
ロンドン大会に行きました。

日本で言うところの
雷門のような存在である
トラファルガースクエアに
巨大にロモウォールが出現したり、
ロンドン中でワークショップが開催されたり、
それはもうお祭り騒ぎでした。

世界中にこんなに仲間がいるんだと
心からビックリしましたし、
とても誇らしい気持ちになりました。

今や定番のDiana+は、
このコングレスで初お目見え。
参加者にはゴールドの
限定モデルが配布され、
皆で初シューティングをしました。

こちらがWCL限定モデル。

f0174201_23261382.jpg



Diana+を手にした
世界各国のロモグラファーが
思い思いに撮影したのが
思い出されます。

f0174201_23275321.jpg



トラファルガースクエアには
巨大のロモウォールが出現。

f0174201_23291336.jpg



ワークショップは凄まじい数開催され、
僕もいくつかカタコトの英語で
参加してみました。

f0174201_23301666.jpg



で、僕のDiana+の
ファーストロールファーストカット。
単に道を撮っただけです(笑)

f0174201_2331181.jpg



もちろんLOMO LC-Aも
持って行っていました。
一番のお気に入りがこれ。
小さなかわいいロモグラファー。

f0174201_2332192.jpg



またこのような
大きなイベントが開催されたら
いいなって思っています。









現像・プリントはポパイカメラへ!
f0174201_13451157.gif 




世界中に広がる写真コミュニティー
f0174201_0354935.jpg 






★Please follow me!★

●ブログ http://snapmag.exblog.jp/
●Twitter https://twitter.com/snap_magazine
●Facebook http://www.facebook.com/snap.suzuki
●Flickr http://www.flickr.com/photos/fumihiko_suzuki/

by snap_magazine | 2012-04-23 23:32 | Lomography
人気のカメラ「La Sardina」も往年の名カメラの復刻
アナログカメラを手掛ける
ロモグラフィー。
最近、数々のカラーバリーションが
発売されている「La Sardina」が、
実はLOMO LC-AやDianaなどと一緒で
過去の名カメラの復刻モデルだと
今日知りました…。
情けない。
本日、ロモグラフィーギャラリーストアに
お邪魔して別件の取材をしていたのですが、
その際に聞き、
「知らなかったのですか?」と
つっこまれました…。

元となったカメラは
「Kandor candid」という
1940年代のカメラ。
数あるLa Sardinaの中で、
「La Sardina Splendour」という
シルバーボディの機種が、
この「Kandor candid」の
完全復刻モデルだそう。

f0174201_21254851.jpg



以下、プレスリリースから。

「中でも1940年代に
オイルサーディン缶を模して作られた
Kandor candidというカメラが、
私たちの心を鷲掴みにしてきました。
完成されたエレガントなルックス、
ハンマー模様仕上げのファインダー、
本当に魚のオイル漬けが中に
入っているのではと錯覚して
しまうような佇まいでした。
既に製造を中止した素敵なデザインや
機能のカメラを現世に蘇らせるのが
ロモグラフィーの試みの一つでもあります。
今回の新商品はKandor candidの復刻版に
新たに強力なFritz The Blitzフラッシュを搭載しました。」


正直、復刻モデルだと知り、
僕はがぜんLa Sardinaに
興味を持ちました。

狙って作られたものではなく、
長いカメラの歴史の中で
偶然に生み出された名機に
グッとくるのは
僕だけではないと思います。

ちなみにLOMO LC-A+は
1980年代のロシア製コンパクト復刻版、
Diana F+は、
香港で製造されアメリカで人気だった
1960年代のプラカメラの復刻版。

こんな大事な情報を
完全に見逃していたとは
かなりの酷いことだなあと。
「Kandor candid」で
画像検索してみると、
「La Sardina Splendour」の
元祖が見られると思います。

ちなみに、こんなカラフルモデルも出ています。
楽しいですね。

f0174201_2132321.jpg






現像・プリントはポパイカメラへ!
f0174201_13451157.gif 




世界中に広がる写真コミュニティー
f0174201_0354935.jpg 






★Please follow me!★

●ブログ http://snapmag.exblog.jp/
●Twitter https://twitter.com/snap_magazine
●Facebook http://www.facebook.com/snap.suzuki
●Flickr http://www.flickr.com/photos/fumihiko_suzuki/

by snap_magazine | 2012-04-16 21:36 | Lomography
新プロジェクト「やさしいフィルム写真の教科書(仮)」、進行中
新プロジェクト、始動しております。
その名も「やさしいフィルム写真の教科書(仮)」。
フィルム写真の楽しさを、
いろいろな角度からまとめた本です。
版元は玄光社。
協力は富士フイルム。

現在、写真家さん、
ギャラリー、ラボ、メーカーなど、
さまざまな取材を進めていますが、
取材に行く度に
なるほど!という驚きがあり、
この驚きを、
素直に誌面に入れていきたいなと思っています。

やはり、写真に深く携わってきた方々の言葉は
とてもシンプルでありつつも
ズシリと心に響くものがあります。

また、趣味の世界は自由であれば良い一方、
本質をしっかりと把握することで、
もっと写真は楽しくなるのだなと
改めて気付かされています。

やっぱり白黒も撮らないとなあ、とか、
リバーサルの醍醐味を体感したい、とか、
手焼きの瞬間こそ至高だよなあ、とか。
もう、頭がふつふつとしています(笑)。

そして、取材時には、
取材カットとは別に、
富士フイルムのGA645iという
中判カメラを使い、
1枚だけ写真を撮らせていただいています。
失敗するかもしれないですが、
なんだか1枚にこだわりたかったのです。

フィルム写真の本を作りながら、
フィルムを愛する人を
1カットフィルムで撮る。
う〜ん、ロマンがあると思いませんか?(笑)

とてもお世話になっている
写真家の平間至さん。
「鈴木君、緊張してるね。
一番良い笑顔をあげよう」と
カメラににっこり笑ってくださいました。

f0174201_1445184.jpg



平間さん、大好きです。





現像・プリントはポパイカメラへ!
f0174201_13451157.gif 




世界中に広がる写真コミュニティー
f0174201_0354935.jpg 






★Please follow me!★

●ブログ http://snapmag.exblog.jp/
●Twitter https://twitter.com/snap_magazine
●Facebook http://www.facebook.com/snap.suzuki
●Flickr http://www.flickr.com/photos/fumihiko_suzuki/

by snap_magazine | 2012-04-14 14:05 | インフォメーション
Instagramにも、「今すぐカッコいい写真が撮れる77のヒント!」
わたくし鈴木は、
フィルム写真が好きであると同時に
Instagramなど
スマホを使った写真共有も好きです。

そして、僕はiPhoneで撮ることもあれば、
デジやフィルムで撮った写真を
iPhoneへと転送して
iPhoneアプリで加工したり、
Instagramで共有するということも
おこなっております。

「今すぐカッコいい写真が撮れる77のヒント!」は、
基本的にはデジカメの本ですが、
スマホなどの写真共有に使っても
便利なヒントが載っていると思います。
なにせ、サブタイトルは
「いいね!がもらえる写真、撮りませんか」
というものですから(笑)。

いいね!にこだわりすぎは
非常に良くないと思いますが、
もらえれば素直に嬉しいですよね!

アンドロイド版が出て
Instagramはさらに人気アプリに。
また、フェイスブックによる
買収というビッグニュースも。
これからも、ますます
Instagramは外せないですね。


鈴木のInstagramは
@snap_magazine
です。
ぜひぜひよろしくです。


以下、最近のインスタグラムより。

撮影:iPhone、
加工:CAMERAtan

f0174201_21561677.jpg



撮影:iPhone、
加工:Instagram

f0174201_2157296.jpg



撮影:ナチュラクラシカ
加工:ナシ(トリミング)

f0174201_21573323.jpg



撮影:LUMIX GX1(デジカメ)
加工:Instagram

f0174201_21584665.jpg



Amazon「今すぐカッコいい写真が撮れる77のヒント!」
http://www.amazon.co.jp/dp/4906810063





現像・プリントはポパイカメラへ!
f0174201_13451157.gif 




世界中に広がる写真コミュニティー
f0174201_0354935.jpg 






★Please follow me!★

●ブログ http://snapmag.exblog.jp/
●Twitter https://twitter.com/snap_magazine
●Facebook http://www.facebook.com/snap.suzuki
●Flickr http://www.flickr.com/photos/fumihiko_suzuki/

by snap_magazine | 2012-04-10 22:03
デジとフィルムの便利なところ。
「今すぐカッコいい写真が撮れる77のヒント!」、
見てくださったみなさま、
どうもありがとうございます。

「今すぐカッコいい写真が撮れる77のヒント!」を通して
やはりデジカメの便利さは
至る所で感じました。

特に長時間露光など、
結果次第で調整が必要な撮影には
大きな力を発揮しますね。

下の写真は、
透過する光を少なくする
NDフィルターを使い、
人をもくもくと煙のように
ブレさせた写真。
こういう撮影には
とてもデジタルが便利でした。

※「今すぐカッコいい写真が撮れる77のヒント!」の
ヒント71にて紹介。

f0174201_1432743.jpg



約30秒くらいシャッターを開けています。
条件によっては人が綺麗に消えるのですが、
ヘッドライトが当たっていたため、
煙人間のような描写になりました。


一方、デジカメを
かなり集中的に使ったことで、
フィルムカメラの良さもすごく感じました。
それは見た目とかじゃなく、
純粋に撮りたい写真を撮るのに
フィルムカメラが向いていることがあるなと
思えたことが
僕にとっては貴重なことでした。

強く感じたのは、
すごく仕組みがシンプルなことの楽チンさ。
特にマニュアルフォーカスであることは
とても良いなあと思いました。
もちろんデジカメでも
マニュアルフォーカスを使うことが
できる機種もありますが
ファインダーはオートフォーカスを
前提にしているので
見やすさは往年のフィルムカメラでしょう。
撮っている感とかじゃなく、
ピント位置を細かく調整できるのは、
本当にストレスが少ないなと。

下はオリンパスの一眼レフで
撮影した梅の写真。
こういう奥まった場所に
ピントを合わせるのは
フィルム一眼レフの方が楽チンです。

f0174201_1483227.jpg



闇雲にフィルム好き、というのではなく、
どういう写真が好きで、
それを撮るにはどちらが向いているか。
僕はそういう視点から
デジとフィルムを使い分けていく気がします。

しかーし、視力が落ちてきているので、
MFだとピントがずれることもあるという(泣)。


Amazon「今すぐカッコいい写真が撮れる77のヒント!」
http://www.amazon.co.jp/dp/4906810063




現像・プリントはポパイカメラへ!
f0174201_13451157.gif 




世界中に広がる写真コミュニティー
f0174201_0354935.jpg 
by snap_magazine | 2012-04-09 14:22 | インフォメーション
気楽で気軽なデジカメなんだから、iPadアプリ加工なんかも併用してみては?
「今すぐカッコいい写真が撮れる77のヒント!」の
撮影を通して感じた一番大きなこと。
それは、「撮影時に全てを
完成させる必要はない」ということでした。

カメラ側にはいろいろなモードがありますし、
自分で好みの彩度やコントラストが選べます。
それを調整しつくして、
シャッターを押すだけで
最高の色合い・風合いにできればいいのでしょうが、
なかなかそうはいきません。
かといって、RAWで撮影をして
現像ソフトで色を作っていくというのは
とても作業的に大変です。
多くの方は、便利で簡単だから
デジカメを使っているわけですからね。

だったら、
iPadアプリとかを使うのも手だと考え、
「今すぐカッコいい写真が撮れる77のヒント!」では、
ソフトウェアを使った加工、
iPadアプリを使った加工なども掲載しています。

デジカメ×iPadアプリの組み合わせは
本格的な趣味写真からすると
かなり奇抜な組み合わせかもですが、
僕はとっても現代的な
使い方だなと感じでいます。

僕はフィルム写真好きなので
比較対象がどうしてもフィルム写真になってしまいますが、
あらゆる側面でデジとフィルムは異なります。
だからこそ、アコギとエレキみたいに、
普通に共存できると思っているわけです。
どうして写真という世界だけは
デジタルがフィルムに
完全に取って変わろうとするのでしょう。
そこが一番の謎。



ソフトウェア「Exposure4」で
ポラロイド風加工をした画像。

f0174201_21365951.jpg



iPhone&iPadアプリ「CAMERAtan」の
「Fantasic」で加工した画像。

f0174201_213975.jpg



HDRアート用ソフトウェア
「Photomatrix Pro」で加工した画像。

f0174201_21402724.jpg



Amazon「今すぐカッコいい写真が撮れる77のヒント!」
http://www.amazon.co.jp/dp/4906810063




現像・プリントはポパイカメラへ!
f0174201_13451157.gif 




世界中に広がる写真コミュニティー
f0174201_0354935.jpg 






★Please follow me!★

●ブログ http://snapmag.exblog.jp/
●Twitter https://twitter.com/snap_magazine
●Facebook http://www.facebook.com/snap.suzuki
●Flickr http://www.flickr.com/photos/fumihiko_suzuki/

by snap_magazine | 2012-04-02 21:42 | インフォメーション