「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:チェキ( 1 )
夏休みとカメラ
久しぶりの更新です。
今年の夏は、
例年に比べてお休みを取れました。
自営業なので、
うれしいのか悲しいのか怖いのか
よくわからないのですが!

フジロックへミノックスという
豆カメラを持って行って失敗した話しは
先日書かせていただきました。
これを教訓に、実家への帰省には、
中判、デジイチ、
フィルムコンパクト×3台
(クロスプロセス、
高感度、低感度の3種使い分け)を、
僕の夏休みの最後を飾るサマソニへは、
ナチュラクラシカとチェキという
ぬかりないラインアップを
持って行きました。

まだほとんど現像に出していないのですが、
サマソニにチェキは熱かったです!
あ、サマソニは会場へのデジイチ持ち込みは禁止。
そしてアーティストへカメラを向けることは禁止。
つまり、仲間同士を撮るのは全くオーケーです。

最初はあまり撮る機会はないかなあと
思っていたのですが、
フェスの空気感を
そのまま写真に封じ込めている感覚があり、
とにかくチェキは最高でした。
ライブとライブの合間に
一緒に行った仲間たちと
写真を見て過ごせるのも良いものでしたね。
みんなチェキを使いたがり
ちょっとした争奪戦になりました(笑)

もちろん他のフィルムカメラたちも大活躍。
明日あたり現像出しますが、
この時間差は何回経験してもいいものだなって思います。


一方、帰省では、
仕事で必要になったため購入した
新しいデジイチを
慣らし運転を兼ねてだいぶ使いました。
感度を変えられることは
やはり大きな武器ですし、
人、風景、接写、夜、
用途がさまざまであっても
設定ひとつで使い分けられるのは
とっても便利だなと思いました。
実際、コンパクトはフィルム違いで
3台も持って行っていたわけですもんね。

でも、どうしても
気分的にはあまり高揚しませんでした。
デジカメの本質を見ていないだけだったり、
フィルムカメラが性に合っているだけでしょう。
いえいえ、趣味の写真では
性に合うかが一番大切なことなので、
僕はこのスタンスで良いと思っています。
しかーし、早く使いこなして
仕事ではバリバリと活用し、
元を取らなければ。

それにしても、
まだまだ夏気分が抜けません。
これはマズイ。




●チェキ×フェス。

f0174201_21171862.jpg

千葉マリンスタジアム内。
僕です。

f0174201_2122197.jpg

大好きなトム・ヨーク。

f0174201_21561587.jpg

フェス仲間。
チェキはやっぱり人撮りが楽しいですね。



●デジイチ×実家付近。

f0174201_21244835.jpg

草むらに這いつくばって撮影。
女神湖そばです。

f0174201_2265662.jpg

もくもくの雲。
こちらは車山。。

f0174201_21425737.jpg

影絵みたいな日暮れの森。


●追記 ブローニーの現像あがりました。
MAMIYA645×実家付近

う〜ん、デジイチと似た場所を撮っていても
何だかやっぱりこっちが好き。
立体感、しっとりさがあるなって思います。
これはプリントをスキャンしています。

f0174201_22352944.jpg

湖畔に落ちていた羽。

f0174201_22354938.jpg

湖畔の茂み。





現像・プリントはポパイカメラへ!
f0174201_13451157.gif 




世界中に広がる写真コミュニティー
f0174201_0354935.jpg 






★Please follow me!★

●ブログ http://snapmag.exblog.jp/
●Twitter https://twitter.com/snap_magazine
●Facebook http://www.facebook.com/snap.suzuki
●Flickr http://www.flickr.com/photos/fumihiko_suzuki/

by snap_magazine | 2012-08-20 21:38 | チェキ