「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:Rolleiflex( 4 )
二眼レフ
1月20日に発売された
「写ガール」さんにて、
フィルム写真の特集を作りました。

今回は、「本命カメラ」として
取り上げた二眼レフ特集についての
お話しをしたいと思います。

チェコ製で見た目が最強のフレクサレット、
接写に強い超実用型マミヤC330(僕は未担当)、
王道の最上位機種ローライフレックスの
3機種がフィーチャーされています。

なぜ二眼レフ?と思う方も
いるかもしれないですが、
この時代に二眼レフというのは
なかなか道理にかなっています。

まず画質面。
デジカメの進化により
画質は日々進歩していますが、
古くても中判カメラの
画質は最新高級デジカメに負けません。

そして、機種ごとに
個性のある描写をすること。
均一に素晴らしい最新レンズと違い、
プラナー、セコール、ベルマー、
ロッコール、ヤシコール、
クセノタール、トリオターetc
レンズによって描写が
とても特徴的で楽しいです。

また、古いカメラのため
コンディションにより描写はまちまち。
柔らかい写りをするなあというのが、
単にレンズの傷やクモリのせいということは多く、
でも、それが味に繋がります。

そして二眼レフは
見た目よりも軽量です。
コンパクトカメラに比べると
体積、重量ともに大きいですが、
一眼レフタイプの中判カメラなどよりは
実は持ち運びがしやすいです。

他にもレトロデザインや
ポートレートに向いている
ウエストレベルファインダーなど、
良い点はたくさんあります。

あ、もちろん悪い点もあって、
ファインダーの暗さなどは
最初ビックリしちゃうかもですね。
あと、左右逆像になるので、
慣れるまで気持ち悪い
動きでフレーミングすることになり、
オシャレ写ガール泣かせかもですね。


フレクサレットは、
今回の記事ではじめて触りました。
とにかくかわいいデザインで
搭載されているベルマーというレンズは、
ローライフレックスのプラナーに
負けない描写!という
ウワサはずいぶん前から
耳にしていました。
実際に使ってみると、
かなり柔らかな描写。
ピント面も滑らかで、
立体感を生むプラナー、
均一に優しいベルマー、
という印象を受けました。

僕個人はプラナー好きなんですが、
作例を見た女子のみなさまは、
みなさんベルマーがいい!と
言っておりました。
とにかく優しい感じがするのが
最高だと。

ピント操作などは独特。
また、掲載している7型は
ライトバリュー方式といって、
露出値を決めると、
シャッターと絞りの組み合わせが
簡単に変更できるタイプのもの。
ローライフレックスの一部機種にも
採用されている仕組みで、
これは好き嫌いが分かれると思います。

ボケ味などをすぐに変えて撮れるのは嬉しいですが、
露出違いで撮りたい場合には、
少し面倒なのです。
あまり売っていない機種ですが、
そういう機種を
表紙に起用する「写ガール」さんは、
いいなあと思いました。

そもそも、
本命カメラを二眼レフに据えるところは
根性入ってますよね。

またフィルム写真特集を
ぜひ作っていただきたいなあと思いました。


フレクサレットで撮影。

f0174201_21131617.jpg



ローライフレックスで撮影。

f0174201_21151398.jpg







現像・プリントはポパイカメラへ!
f0174201_13451157.gif 




世界中に広がる写真コミュニティー
f0174201_0354935.jpg 






★Please follow me!★
★ご意見、ご質問などは、Facebook、Twitterなどでお気軽にどうぞです★

●ブログ http://snapmag.exblog.jp/
●Twitter https://twitter.com/snap_magazine
●Facebook http://www.facebook.com/snap.suzuki
●Flickr http://www.flickr.com/photos/fumihiko_suzuki/

by snap_magazine | 2012-01-23 21:26 | Rolleiflex
agatha部長の突撃シャシン部
snap! vol.8より、
写真を愛するファッションモデル、
agathaさんをナビゲーターにした
「agatha部長の突撃シャシン部」の
連載がスタートしました。

これはagathaさんが撮影散歩を企画したり、
写真に関するインタビューや社会科見学を
行っていくという体験型コーナー。
第一回目は、
中央線高架下撮影散歩という、
お披露目にしては
ずいぶんとコアな内容となりました(笑)。

部員のみなさまの力作は
snap!誌面を見ていただくとしまして、
その撮影散歩の際に
snap!が撮影したオフショット写真を
掲載させていただきます。
ぜひ、本編連載記事も
ご覧になってくださいね。


まず、部長のagathaさんを
撮影した写真3連発。
いやあ、素直に
美しい方を撮影するのは
素晴らしく楽しいものでした。
寝ころんだり、
おもわくシャッターを切りたくなる
ポーズを率先してしてくださるのです!

f0174201_15294238.jpg


f0174201_15295089.jpg


f0174201_15295775.jpg


続いて、Ryuju君。
男同士ということもあり、
映画の話をしながら盛り上がりました!
あ、ここは自由に入っていいと
明記された庭です。
不法侵入ではありません(笑)。

f0174201_15305889.jpg



次回のシャシン部も楽しみです!
agathaさんのブログはこちら。
http://ameblo.jp/agatha-blog/


●ブログ http://snapmag.exblog.jp/
●Twitter https://twitter.com/snap_magazine
●snap! vol.8 Amazon http://www.amazon.co.jp/dp/4861905400/
●公式サイト http://www.snap-magazine.com/
by snap_magazine | 2009-12-25 15:33 | Rolleiflex
Rolleiflexをクロス
Rolleiflexで撮影した写真を
クロスプロセスしてしまいました。

クロス、カラーネガ、白黒ばかりで、
ポジフィルムをポジ現像ということを
滅多にしないというスタイルですが、
名機Rolleiflexを使うからには、
しっかりとポジ現像をしてみようと思い、
あてずっぽうではなく露出計持参で撮影。
しかし、ホルガなどで撮影したフィルムと一緒に
「クロスで!」と頼んでしまいました。

たぶん、Rolleiflexでクロスをやるという
奇特な人はあまりいないのではないかと…。
しかも、真っ赤に色が転ぶVelvia100を使っていましたが、
赤系も好きなので、
これはこれで愛したいと思います。

f0174201_20291650.jpg


f0174201_20292479.jpg

by snap_magazine | 2009-12-11 20:29 | Rolleiflex
初めてのRolleiflex
スナップ!でお世話になっている
写真家の幸田進さんに
Rolleiflexを貸していただき撮影をしました。

森で撮影をしたため、
驚くほど渋々の写真になっております…。
試し撮り、使い方を慣らすためとはいえ、
これはないのではないかと思っていますが、
人様に見せてこそ次があると考えますので、
アップさせていただきました(言い訳ばかり)。
光量を測り、EV値を設定。
EV値を設定すれば、
それに基づいた露出とシャッターの組み合わせを自由に選べ、
あとはピントを合わせて撮影するという
独特の使い方をします。

使い方手順もそうですが、
やはりウエストレベルファインダーと、
スプリット式ではないピント合わせは
少しだけ戸惑いがありました。


立派な木の根っこ。

f0174201_21444540.jpg


コケだらけの木の幹。

f0174201_2145328.jpg

by snap_magazine | 2009-10-30 21:45 | Rolleiflex