「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:CONTAX T2( 5 )
すぐ撮るためのハンドストラップ
じっくり撮るのもおもしろいですが、
最近はスナップ的感覚に立ち返り、
35mmコンパクトカメラを常に持ち、
移動中に撮影しまくっています。

撮影するときのルールなど
もちろんありませんが、
手にカメラを持ち、
電源を入れた状態で
いつも歩くようにしています。

こんなとき、
がぜん必要になるのが
ハンドストラップ。
輪っかをの大きさを調整でき、
手首にブラブラと
ぶらさげられるものを探していたところ、
週末訪れたポパイカメラさんで
良いものが見つかり、
速攻で購入しました。

それはCHUMS(チャムス)の
携帯用ストラップ。
丸いアジャスターで
輪っかを調整できるうえ
丈夫そう&安価ということで
即決しました!
なんと735円であります!

こちらがブツであります。
(PHOTO from RAKUTEN)

f0174201_23433485.jpg





最初はCONTAX T2に付ける予定でしたが、
重量的にちょっと怖かったので
ナチュラに付けることに。
これで日々のスナップ撮影が
楽しくなりそうです!

高円寺で遭遇したゆるキャラ2ショット。
別にこういう写真が撮りたいのではないですが(笑)

f0174201_23481894.jpg






★フリッカーにて
過去写真の公開を行っています。
ほぼ毎日更新中。
http://www.flickr.com/photos/fumihiko_suzuki/
がアドレスになります。
ドシドシCONTACT追加よろしくです!



現像・プリントは
自由が丘&横浜ワールドポーターズの
ポパイカメラへ!
f0174201_13451157.gif 
 ●フィルム特徴仕上げ
 ●スクエアプリント
 ●クロスプロセス
 ●パノラマプリントetc




●ブログ http://snapmag.exblog.jp/
●Twitter https://twitter.com/snap_magazine
●snap! vol.8 Amazon http://www.amazon.co.jp/dp/4861905400/
●公式サイト http://www.snap-magazine.com/
●Flickr http://www.flickr.com/photos/fumihiko_suzuki/

by snap_magazine | 2010-11-01 23:48 | CONTAX T2
sugu
★フリッカーにて
過去写真の公開を行っています。
ほぼ毎日更新中。
http://www.flickr.com/photos/fumihiko_suzuki/
がアドレスになります。
ドシドシCONTACT追加よろしくです!



現像・プリントは
自由が丘&横浜ワールドポーターズの
ポパイカメラへ!
f0174201_13451157.gif 
 ●フィルム特徴仕上げ
 ●スクエアプリント
 ●クロスプロセス
 ●パノラマプリントetc




●ブログ http://snapmag.exblog.jp/
●Twitter https://twitter.com/snap_magazine
●snap! vol.8 Amazon http://www.amazon.co.jp/dp/4861905400/
●公式サイト http://www.snap-magazine.com/
●Flickr http://www.flickr.com/photos/fumihiko_suzuki/

by snap_magazine | 2010-11-01 23:29 | CONTAX T2
AFのピンぼけ
昨日のブログにて、
カメラは適材適所。
オートフォーカスと
フラッシュのついたカメラも
スナップ時にはとっても
有効だと再確認したという
内容を書きました。

もちろん、それは間違いないのですが、
HOLGAやLC-Aなどのアナログカメラや
マニュアルの一眼レフなどに
慣れ親しんでいると、
オートフォーカスがついていても
ピントがあまりあっていない
写真を量産してしまいがちです。

それはピントを合わせたい場所を
決定させるAFロックや
最短撮影距離を完全に無視して
使ってしまうからだと思います。

多くの場合、
ピントはフレームの中心部に
合わせられますが、
写真を撮るときには、
メインの被写体が
中心にないことの方が多いです。
このとき、AFロック(シャッター半押しなど)を
使わないとピンぼけになりますが、
意外にこれを知らない方が
多いと耳にします。

そして最短撮影距離もそう。
ファイダーを覗いていると
ピントがあっているように見えても、
被写体に近づきすぎていては
ピンぼけになってしまいます。

これが一眼レフなどでは
目で見て分かるので、
厳密なピント合わせはさておき、
明らかなピンぼけというのは
一眼レフよりも
オートフォーカスのカメラの方が
多く発生してしまうと。

やっぱりきちんと
説明書を読んだり、
カメラの機能については
頭に入れないとダメですよね。

いえいえ、
偉そうに言っているのではありません。
僕自身、オートフォーカスが
とっても苦手で
ピンぼけを量産するのです(笑)


メイン被写体を外しました。

f0174201_746522.jpg



はい、最短撮影距離を
見誤っております…。

f0174201_7465589.jpg



いや、僕はこういう
ゆるい写りも否定しませんが、
「AFはずした?」と聞かれたら、
言い逃れはできない写真たちです(笑)。

最新のデジイチを
がしがしと使いこなしている方から見ると
とんでもなく入り口の話でしょうが、
トイカメやアナログカメラから
写真をスタートさせると、
案外見落としがちなことです。
しかも中古カメラには
説明書がなかったりしますし。

カメラは適材適所。
ただし、正しく使いましょう!



★フリッカーにて
過去写真の公開を行っています。
ほぼ毎日更新中。
http://www.flickr.com/photos/fumihiko_suzuki/
がアドレスになります。
ドシドシCONTACT追加よろしくです!



現像・プリントは
自由が丘&横浜ワールドポーターズの
ポパイカメラへ!
f0174201_13451157.gif 
 ●フィルム特徴仕上げ
 ●スクエアプリント
 ●クロスプロセス
 ●パノラマプリントetc




●ブログ http://snapmag.exblog.jp/
●Twitter https://twitter.com/snap_magazine
●snap! vol.8 Amazon http://www.amazon.co.jp/dp/4861905400/
●公式サイト http://www.snap-magazine.com/
●Flickr http://www.flickr.com/photos/fumihiko_suzuki/

by snap_magazine | 2010-10-21 07:56 | CONTAX T2
大人数での撮影、カメラの適材適所
僕は最近、
大人数で撮影にいったとき、
あまりうまく頭が働かず、
撮影枚数が少ないことが続きました。

そんな折に先日の水戸ツアーが。
おもしろいアイテムを発見すると
平間さんがポーズを取って
「撮ってよ」という顔をされるので、
自然と枚数が行きました。

そして、僕がカメラを構えると、
「ここは縦で!」とか
「もっと引きがいいよ!」とか、
アドバイスもいただき、
苦手だった大人数系が
楽しいものに変わりました。

人、動き、その土地の風景。
そんなものが上手く
取り入れられると
おもしろいんだなとわかり、
今度大人数で出掛けることがあれば、
もう一度それを意識して
実践してみたいなと思いました。

と言っても、
誰が平間さんのような
気の利いたポーズが
とれるかどうか、なんですが…。

で、そんな時には
やっぱりオートフォーカスのカメラは
威力を発揮しますよね。
カメラも適材適所。
写真の種類も無限大。
いや、本当に考えること
だらけですね!


水戸芸術館に張り合う
平間至氏。
CONTAX T2、Fujicolor PRO400

f0174201_1542681.jpg



これはカメラ内蔵のフラッシュを
使っております。
スナップ時には
これまた本当に便利。
80〜90年代あたりのコンパクトカメラは
手放せません!




★フリッカーにて
過去写真の公開を行っています。
ほぼ毎日更新中。
http://www.flickr.com/photos/fumihiko_suzuki/
がアドレスになります。
ドシドシCONTACT追加よろしくです!



現像・プリントは
自由が丘&横浜ワールドポーターズの
ポパイカメラへ!
f0174201_13451157.gif 
 ●フィルム特徴仕上げ
 ●スクエアプリント
 ●クロスプロセス
 ●パノラマプリントetc




●ブログ http://snapmag.exblog.jp/
●Twitter https://twitter.com/snap_magazine
●snap! vol.8 Amazon http://www.amazon.co.jp/dp/4861905400/
●公式サイト http://www.snap-magazine.com/
●Flickr http://www.flickr.com/photos/fumihiko_suzuki/

by snap_magazine | 2010-10-20 15:04 | CONTAX T2
オートフォーカス
オートフォーカス機能の付いた
高級コンパクトカメラでもクロスプロセスをやります。

LOMO LC-Aに慣れた体だと、
オートフォーカスって失敗するものですよね。
フォーカスロックとかの概念がないですから。

オートフォーカスというと
「失敗しないカメラ」みたいなイメージですが、
スピーディーに撮影をしようとすると、
AFがきかないうちにシャッターを押してしまったり、
意外なほど失敗写真を量産してしまいます。
ゾーンフォーカスのLC-Aの取り回しの良さは、
こういうコンパクトを使ってみると良く分かります。
でも、こういう機械的問題によるピンボケも
嫌いじゃないです。


f0174201_2125281.jpg


f0174201_21253759.jpg
by snap_magazine | 2009-06-22 21:26 | CONTAX T2