<< 写真談義 4月29日、30日開催 佐藤玲... >>
KLASSE Wの良さ、再確認
snap!でも、SNAPSHOT magazineでも
取り上げさせていただいている
フジフイルムの
コンパクトフィルムカメラ、
KLASSEシリーズ。
Sは38mmのレンズ、
Wは28mmのレンズを搭載。
僕も両方使ったことがありますが、
基本的に広角はあまり使わないので、
これまではKLASSE Sばかりを
使うことが多かったです。

広角の「Wは軟らかい!」と
言われることがとても多いですが、
でも、現代のカメラなのに
そんなに軟らかいわけないんじゃ?
という天の邪鬼な思いもあったりして
手にすることが少なかったのですが、
先週末、がっつりとKLASSE Wを使い、
その魅力にノックアウトされました。


使用したフィルムは
KODAK Portra400。
フジ×コダックですいません…。
プリントをしてみると、
もうクラカメじゃないかというくらい
どこもかしこも軟らかで、
それでいてピントは
オートフォーカスなので
しっかりと合いますし、
豪快に興奮をしました。
(最近、ピント合わせが
超絶へたくそだということが判明…)

あまり太陽が出ているときには
シャッターを切らないように
していたというせいはありますが、
逆に言うと、
あまり光のないときの
滑らかさはかなり好きです。

ボケを意識したければ
絞り優先にすればいいですし、
露出補正も簡単にできます。
これまで、そこそこの数の
コンパクトを使ってきましたが、
現代的機能と軟らかさの融合という点では
間違いなくナンバーワンだと思います。

どこかで書いた気もしますが、
AF性能などはもちろんのこと、
使い勝手の面でも、
過去の高級コンパクトを全て超える、
ということを意識したというだけあって、
本当にコンパクトカメラなのに
一眼レフをつれているような
気分になりました。



中野〜野方間の植木。

f0174201_19253248.jpg



中野〜野方間の植木の葉。

f0174201_19261115.jpg



埼玉県のハーブ系の草木。

f0174201_19265516.jpg



平間至さんやポパイ石川君が
KLASSE W最高やでえ、と
言っていたのが
骨の髄から分かりました。



★佐藤玲さん、写真ドローイングワークショップ参加者募集中!
http://snapmag.exblog.jp/15802475/


現像・プリントはポパイカメラへ!
f0174201_13451157.gif 




世界中に広がる写真コミュニティー
f0174201_0354935.jpg 





●ブログ http://snapmag.exblog.jp/
●Twitter https://twitter.com/snap_magazine
●エイ出版社カメラ誌ブログ http://blog.sideriver.com/camera/
●Flickr http://www.flickr.com/photos/fumihiko_suzuki/

by snap_magazine | 2011-04-13 19:35 | KLASSE
<< 写真談義 4月29日、30日開催 佐藤玲... >>